インターネットテレビ ともいき

∵ 番組メニュー

PLANT A TREE PLANT LOVE 上海支局長 桂 軍

中国の旧暦について、行事や祝日がたくさんありますが、都市の人々はほとんど春節をメインとして清明節、端午節、中秋節、重陽節などを重視して一種の生活習慣となって残っている。

春節 旧暦1月1日
伝統的(今一部の中小町と農村にまだ残ってる)旧暦正月を祝う行事は、ほぼ旧暦12月8日の腊八会から始まり、1月15日の元宵節まで続きます。
農耕民族の慣習で一年の収穫を祝い、来年の豊作を祈って腊八粥を食べる。(腊月は旧暦12月の別称)腊八粥は米、胡桃、杏、棗、落花生、干し葡萄、松と蓮の実などで煮たお粥です。


腊八粥

12月23日灶(竈)祭、灶神は竈の神様、一家の禍福を司るとされている。 12月30日除夕(大晦日)家族揃って年越しのごちそう「年夜飯」、日付け変わると爆竹を鳴らす。


飾り対句

1月1日から1月7日まで親戚に年始の挨拶をします。 1月5日財神(福の神、商の神)を迎え、4日深夜12時から爆竹を放つ。 1月15日旧正月の最後の行事、灯節とも言う。その日に「元宵」(団子)を食べる。


「元宵」

清明節 新暦4月5日
お墓を清め、祖先を供養する日です。 魏(220~265年)・晋(265~420年)の時代に、旧暦の3月3日と定められ、近年、清明節と寒食節を統一するために、新暦4月5日に改められたものです。 その日、家族みんなで祖先の墓へ行き、線香をあげ祖先を供養します。寒食節に冷たいものを食べます、北の人は棗餅と麦糕、南の人は青団と甘い蓮根を食べます。


唐、杜牧の詩「清明」

端午節  旧暦5月5日
この頃は二十四節季の夏至に当たり季節の交替で人が病気になり易いので、香りの強い菖蒲(しょうぶ)や、よもぎの葉を家の前に飾って、これらの病や邪悪なものを避ける慣習が昔がありました。また、この日は戦国時代の偉大な愛国の詩人屈原の命日です。 その日に、粽、玉子を食べる、竜舟競漕など行事を行います。


中秋節   旧暦8月15日
旧暦8月15日に満月をめでる。月餅を食べながら賞月習慣があります。


月見

重陽節  旧暦9月9日
9は陰陽五行で「陽」にあたるので、陽である9が2つ重なるとして「重陽」という。又、9の発音は「久」と同じで「久久」は「生命長久、健康長寿」の意味を含んで、「老人の日」になります。その日に、年寄り人に見舞いに行く、「重陽糕」を食べる習慣があります。


「重陽糕」

PLANT A TREE inc. All Rights Reserved.